<< 3月3*4日石段ひなまつり | top | 今、伊香保温泉は学生さんが多いようです? >>

2011年以来7年ぶりの氷上ワカサギ釣りが解禁される。榛名湖

上毛新聞ニュースより

 

 強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、群馬県内は25日、この冬一番の冷え込みとなった。最低気温は草津で1月としては17年ぶりに氷点下14度を記録。前橋も氷点下4.4度まで下がった。高崎市の榛名湖は全面結氷し、2011年以来7年ぶりの氷上ワカサギ釣りが解禁される。

 榛名湖は6日ごろから結氷が始まり、連日の冷え込みや積雪で氷が厚みを増した。25日は榛名湖漁業協同組合の組合員らが氷厚検査を行い、解禁基準の15センチを超えたため解禁を決めた。

 榛名湖は福島第1原発事故の影響でワカサギの持ち帰りが規制されたほか、12年からは暖冬の影響で結氷せず、氷上釣りの解禁が見送られてきた。組合長の野口正博さん(68)は「長く待ち望んでいただけに、喜びも大きい。多くの人に楽しんでほしい」と話した。解禁は30日午前6時半。

 

 

あんちゃん(伊香保四代目安藤平左衛門) | 観光情報(イベント) | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 09:09 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH